So-net無料ブログ作成
検索選択
sakura.jpg

これが我が国のミサイル防衛能力だ!-ガックリするから見ない方が・・・ [北朝鮮]

 北朝鮮は約200発のノドンミサイルを保有しており、射程距離1300kmのノドンミサイルはその射程圏に鑑みて日本のみを標的にしたミサイルです。終末速度は秒速約3,500m(マッハ10)であり発射から7分程度で日本国内に着弾します。

 ノドンミサイルの発射に用いる移動式発射機は約50機のため、最大同時発射数は約50発であり、200発がなくなるまで第1波~第4波に分けた4回の波状攻撃が行われる可能性があります。 (なお、射程距離1000kmのスカッドERミサイルも西日本の多くが射程圏内になり、その中には使用済み核燃料を大量に保管する玄海原発や川内原発も含まれています。さらに北朝鮮は核弾頭を搭載したノドンミサイルを三沢・佐世保・嘉手納あたりの米軍基地に向けて発射する可能性も高いでしょう。)

 北朝鮮がノドンミサイルを日本国土へ向けて発射した場合、まずはイージス艦による迎撃ミサイルSM-3で迎撃することになります。  海上自衛隊のイージス艦は6隻ありますが、BMD(弾道ミサイル迎撃)対応はこんごう型の4隻のみとなり、あたご型の2隻はBMD能力を追加するための改修を計画中の段階です。イージスの弾道弾同時追尾能力は16ターゲット以上と目されていますが、1発50億円前後の高価なSM-3は1艦あたり8発しか配備していません。

 一方、在日米軍のイージス艦は現在12隻ですが、BMD能力を持つ艦はそのうち8隻になります。在日米軍のイージス艦は海自イージス艦が積んでいないトマホークも積んでいるためSM-3の搭載数(正確な数は機密)はおそらく8発以下、最大でもMAX8発であろうと推定できます。

 日米イージス艦ともに改修・訓練・任務のローテーションを考慮すると、SM-3の搭載のイージス艦で作戦行動可能なものは海自イージス艦は2~3隻、在日米軍イージス艦は3~4隻であると推定できます。  すなわち日米両方のイージス艦を合わせてもSM-3搭載で作戦行動可能なものは最大でも7隻程度であろうと想定できます。各8発ずつSM-3を搭載するイージス艦が7隻あると仮定すれば、ノドンミサイル迎撃に用いる迎撃ミサイルは総計56発ということになります。

 しかしイージス艦のSM-3による迎撃は、撃ち落とす対象のミサイルが1発であればほぼ100%に近い確率で迎撃できますが、同時に複数のミサイルを発射されてしまうと迎撃率は大きく低下します。例えば北朝鮮がノドンミサイルを4発同時に発射した場合、SM-3で迎撃できるのは1~2発だけであると推定されています。つまり複数ミサイル同時発射の場合は半分以上は撃ち漏らしてしまう可能性が高く、希望的推測で考慮しても70%程度迎撃できれば上々であるといえます。  ノドンミサイル50発が同時に一斉発射された場合、総計56発のSM-3の70%がノドンミサイルに命中すると仮定すれば、迎撃できるのは40発程度であり10発は撃ち漏らして日本国土に着弾することになります。

 北朝鮮がノドンミサイルを発射するときは東京大阪など大都市の人口密集地に向けて発射することは必定で、しかも日本に向けて発射されるノドンミサイルには間違いなくサリンまたはVXガスの化学兵器弾頭が搭載されるでしょう。 東京などの人口密集地に化学兵器搭載のミサイルが撃ち込まれるのですから、着弾地エリアはまさに阿鼻叫喚の地獄と化し大量の死傷者が発生します。

 しかもこの第1波となる最初のミサイル50発への迎撃発射によって日米両方のイージス艦のSM-3は底を尽きます。もう迎撃ミサイルが1発も残っていないのに、北朝鮮からはさらに各50発ずつの第2~第4波までの波状攻撃発射が行われる可能性大です。  つまり第2~第4波までの150発については日本側はもはや迎撃すらできず、防御の手段なきまま150発のノドンミサイルが降り注ぎ、日本国土を焼きつくしサリンやVXガスをばらまき膨大な日本人の命を奪うでしょう。 日本は非現実的な妄想的平和主義にとらわれて敵地攻撃能力すら保有していないため、日本を襲う北朝鮮のミサイル基地をたたくこともできないのです。

 V番組でコメンテーターが「パトリオットがあるから大丈夫でしょう」などと発言していましたが、PAC-3(パトリオットミサイルを改良したミサイル迎撃用地対空誘導弾)は極めて射程が短く、しかも日本の保有台数はたった40台以下なのです。  従ってPAC-3では霞ヶ関や皇居や原発など国家的重要施設をピンポイントで守ることしかできません。PAC-3は一般国民の生命や財産を守るにはまったく役に立たないのです。それなのに無知なコメンテーターが誤った発言で世論を誤導しているのが現状です。

 あなたは、そんなことはあり得ないと思いますか。つづく。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

sakura.jpg