So-net無料ブログ作成
検索選択
sakura.jpg

韓国製原発の闇 ソウルの放射線量は仙台・東京の2倍! 恐るべき『技術大国』韓国の実態② [韓国]

 規格外のバッタモン部品を使ってメンテナンスしたり、性能・品質検査書を偽造するのは、韓国では当たり前の蓄財方法なのだ、と言う事が更によくわかる事例が、なんと、なんと、原子力発電所でも起きているのです。

 韓国水力原子力発電(韓水原)は、国営韓国電力の子会社であり、原発の運用企業です。ここで起きた2つの横領事件から、韓国製原発の恐ろしい実態が判明しました。

 1件目。韓水原のある幹部は、フランスから輸入した原発部品を出入りの機械メーカーに横流しした。メーカーはこれを基にその技術をパクッた。更に、模造部品を作った。この幹部は納入部品の検査担当に異動した。彼が模造部品を検査するわけだから、この模造部品は見事検査に合格した!晴れて、この部品の国産化が成功した!ワオ!

 2件目。別の幹部は、輸入して放置されて錆が浮いていたシリンダーを廃棄処分にするとして横流しした。受け取った業者は錆を落として塗装し、新品部品として納入した!ワオ!もう、すでに笑いが止まりませんが、もっと笑っていただきます。

 もう、すでに笑いが止まりませんが、もっと笑っていただきます。

 これらの2つの事件が明るみに出たのは内部告発によるものです。そこで、本格的な捜査・点検が行われた結果、納入業者8社が2003年から「海外の認証機関から得るべき品質保証書を偽造し、237品目7682個の部品を納入していたことが分かった」のです(ハンギョレ新聞2012.11.8記事)。

 同じ事件を報道した朝鮮日報の記事(2012.11.6)では「部品そのものは純正品で、認証機関への支払いを節約しただけだから、『原発の安全性そのものに問題はない』と当局者が語った」と伝えています。ホンマかいな!?

 更に、「180品目1555個が国内試験成績書の偽造で摘発された」と中央日報が伝えています(2012.12.6記事)。何を信じたらいいの~~~

 日本の観光庁幹部は中央日報のインタビューの中で、「日本の大気中の放射性物質の量は少ない方だ。数値ではとうきょうや仙台はソウルの半分程度にしかならない」と述べています(2012.3.10記事)。東日本大震災後の話ですよ!中国のPM2.5どころの騒ぎではありません!

 まだまだ続く、恐ろしき韓国製原発の実態。次回ご期待!


大韓航空機火災 羽田空港閉鎖の大迷惑 恐るべき技術大国韓国の実態 [韓国]

 今日、離陸途中の大韓航空機が火を吹いて、離陸を中止すると言う事故がありました。おかげで羽田空港は一時閉鎖されると言う大迷惑。

 韓国では巨大客船が沈没したり、デパートの建物が崩壊したり、地下鉄が火を噴いたりと、こう言った類の話には事欠きません。韓国メディアはサムスンや現代自動車の製品が世界的に売れた事で、折に触れ韓国は「技術大国」と言っているのに一体どうしたことなんでしょう。

 2010年11月に、北朝鮮が延坪島を砲撃する事件がありました。まだ朝鮮戦争が終わっていない韓国軍の最前線にはK9自走砲6両が配備されていました。当然、敵からの砲撃があったのですから、これに対して応射するのですが、その応射速度が公表性能の3分の1程度しかなかったことが明らかになりました。しかも、応射できたのは6両中3両。残りは故障中だったのです。ワオ!

 動いた3両も、1両は射撃訓練中に不発弾が詰まり、射撃不能状態。2両は近くに北朝鮮の砲弾が着弾し、射撃コントロール装置の電子回路に異常が生じたと言います(朝鮮日報11.6.9記事)。

 発射性能検査の時に、賄賂を貰って目をつぶった軍幹部が逮捕されることになりました。また、監査院が調べると、国防規格と異なる部品が使われていたことも判明しています。要は、安物部品を使って差額を着服した幹部がいたと言う事です。最前線の兵士の命より、私腹を肥やすことに専念する輩が軍幹部には多いらしいようです。

 軍の最前線ですらこの有様ですから、民間航空機のメンテナンスなど、どんな部品が使われ、誰が検査証明を発行しているか、わかったものではないと言う事。韓国では、飛行機や鉄道など、高速で走るものには近寄るべからず。

 おっと、韓国製原発も相当恐ろしいらしいです。これは次回ご期待!つづく・・・


sakura.jpg