So-net無料ブログ作成
sakura.jpg

穀物価格が底値圏 値上がりは必至!仕掛けのチャンス到来! [相場]

   先日、このブログで「日本は未だに米価を維持するために、水田を減らして減収分を補償する農業政策を行っています。一方で、欧米でも中国や東南アジアでも、日本の安全でおいしいお米は大人気。だったら、ジャンジャン作って、日本人が食べきれない余った分を輸出すればいい。」と言う記事をアップしましたが、実際、世界中で穀物価格が急騰する可能性が高いと言う、確固たる背景もあるのです。以下は作家宮崎正弘氏のメルマガからの引用です:

 工業化が急速に進んだ中国で起きた事。農村から近隣の村々へ、出稼ぎへ出た。近郊のマンションが建ちはじめ、そのうち地方都市にも建築ブームが興り、建設現場に人出が不足した。賃金、現金収集に引かれて、農家の若者がどっと都市部へ出稼ぎにでた。

 地方都市は交通のアクセスが悪く、輸出産業は沿岸部に集中する。若い女工、3k現場の人手不足を補うために、人集め業者が田舎の奥深くへ入ってリクルート。

こうして地方農村から近郊へ、近郊の農村からは地方都市へ。地方都市からは給与の高い沿岸部へと、カネを求めて人々は移動し続けた。  日本や、EU諸国の人々の移動とは、決定的に異なるポイントが中国にあった。

   それは「都市戸籍」と「農村戸籍」という、確乎たる戸籍制度。日本のような住民票という制度は、中国にはない。戸籍の変更は特例以外認められない。移動した先で、その都市の戸籍がないと医療も受けられず、子供は学校にも行けない。  この結果、中国で何が起きたか

 農村は子供と老人しかいない。農村の荒廃が激甚である。  戸籍を取得できない地方出身者は、北京で、上海で、広州で、天津で、大連で、ありとあらゆる大都市にかたまって暮らし、こどもたちは学校へやれないから(地方戸籍だから)、田舎へ返して学校へ通わせる。

 農民人口8億54000万人の中国で、「都市化率が51%」、つまり、13億人口の6億5000万。農村から二億人が消えたことになる。日本の二倍の人口が農業を捨てると、自給自足の覚束なくなり、中国は食料輸入国に転落した。

いま、同じことがEU諸国と旧ソ連圏で繰り返され、農村の過疎化は農地の砂漠化を招来し、国土の荒廃をもたらすことになるだろう。(引用ここまで)

さて、商品市場の穀物価格を見てみましょう。下は、コーン、小麦、大豆の週足チャート。いずれも底値圏にあります。


コーン.gif

小麦.gif

大豆.gif

中国、北朝鮮などによる東アジアでの戦争、サウジ・イラン間やトルコ・シリア・IS絡みの戦争、EU崩壊や移民問題悪化、世界中で起きている異常気象による災害やこれに起因する戦争・内乱などで価格が急騰する可能性大。


sakura.jpg