So-net無料ブログ作成
sakura.jpg
TPP ブログトップ

米国が批准しないTPPは何の意味もないというアホ! 野党とマスコミの低能さ [TPP]

 TPPは環太平洋地域での自由貿易促進のためのものではない。すでに関税は最小レベルになっており、これをゼロにしても大して効果はない。実際にも、特定業種の保護的な関税は今までとそれほど変わらない。

 米国がTPPを進めたかったのは、米国が作ったルールで貿易やビジネスを行えるようにすること、非関税障壁と呼ばれる米国企業の得意分野の規制を緩和させることである。つまり、相手国の国家主権を制限し、米国企業に有利な条件でビジネス出来るようにする事。これが目的である。

 すなわちISD(S)条項で米企業が各国政府に企業活動を規制するのを防ぐための訴訟を起こせるようにする、健康保険制度を解体して医療保険の販売を促進する、薬価制度を解体して高額薬剤の販売を促進する、などなど。

 実は、マスコミが言う関税自由化なんか何の関係もない。マスコミがいかに米国のグローバリストに有形無形の圧力を受けているかを物語っている。

 従って、米国がTPPを批准しないというなら、これは大歓迎である。なぜなら、日本がルール作りを進めることができるからである。この大市場を日本が主導することができれば、国益に大きく貢献できる。

 そして「米国が批准しないTPP批准を日本だけが進めても意味がない」と言うマスコミや野党はあまりにアホすぎということである。



 あなたは、そんなことはあり得ないと思いますか。つづく。




TPP ブログトップ
sakura.jpg