So-net無料ブログ作成
検索選択
sakura.jpg

離婚率の高い地域トップ7 なぜ沖縄も北海道も? [離婚]

 離婚率1位 沖縄 2.53 (人口千人当たり) 沖縄には「男逸女労(だんいつじょろう)」という言葉がある。これは、男は遊んで女が働くという意味。沖縄では、夫が妻を放ったらかしにしている人が多い?ことも、無視できない。 沖縄の男性は、会社でも家庭でも定着率が低い。「なんくるないさぁ」‥なんとかなるさ。「ウチナー(沖縄)タイム」‥時間にルーズ、「模合(もあい)」‥助け合い制度などがある。昔から、簡単にくっついて、簡単に分かれるといわれている。

 2位 宮崎県 2.07 「頼りにならない夫に愛想をつかす?」一目惚れしやすい「恋多き女」タイプが多い。男性は「いもがらぼくと」(「いもがらぼくとう」ともいう)といわれた。これは、里芋の茎で作った木刀のこと。見かけは頼もしく立派だが、頼りにならない宮崎男性の気質を表す言葉だ。積極性に欠けるから、野心も向上心もイマイチ。但し、最近は徐々にではあるが、野心をもつタイプが増えつつある。

 3位 大阪府 2.06 「夫の女好きに、辛抱しきれなくなって離婚?」する大阪。大阪の男性は根っからの女好き。女性はエネルギシュな行動派で、どこにでも出没する。とにかく気が強く陽気でよくしゃべる。ブランド大好き人間。生活力のある男性が好みで、結婚すると仕事をやめて、専業主婦になる。夫の浮気には寛容なところはあるが、図に乗って浮気を続けると、離婚届を持ってくる。大都市だけに、女性は離婚しても自立しやすいことも、離婚率の高い原因。

 4位 北海道  2.04 「妻、夫とも不倫先進地域?」札幌圏の男性は開放的で淡泊。フロンティア・スピリッツのイメージがあるが、ホワっとしたところが。物静かでおとなしい感じの人が多い。結構遊び好きなところがある。札幌圏の女性はいかにも「女らしい」感じの人は少ない。現実主義者で明るくて芯が強く、ハキハキして、ものおじせず、迫力がある。北海道の人は土地が広いこともあって、おおらかで大ざっぱ。札幌は札チョン族不倫。男女とも辛抱は苦手で、土俵際で持ちこたえることが出来ない。

 5位 和歌山県 1.98 離婚の可能性…情熱的なので浮気する可能性あり。我慢強くないため、離婚率は5位と高い。遠洋漁業の歴史と情熱的な気質、高齢ストーカー騒ぎもあったところ。

 6位 福岡県 1.98 「夫の甲斐性のなさに辛抱できずに離婚?」する福岡。福岡市など筑前の女性が、気が強いのは、酒と祭りにうつつをぬかす男性にかわって家庭を守って来たため。流行に敏感で常に新しいものを好む。恋愛も積極的でイケメン好き。晩婚だが、結婚すると専業主婦の姉さん女房になる。夫があまりにもだらしないと、さっさと別れ話を切り出す見切りの良さもがあるだけに、離婚も多くなってしまうのである。

 7位 高知県 1.86 高知は1965年までは離婚率全国1位。高知は男女とも熱しやすく冷めやすい気質で、男性が「いごっそう」(頑固で強情)、女性は「はちきん」(おてんば-4人の男を手玉に取ることから)。夫、妻とも気が強いうえ、忍耐に欠ける。白黒決着をつけたい性格。高知は男女とも酒飲みだが、女性が強く「男は酒ばかり飲んで、仕事しゃーせん」と文句を言う。また漁業県だったため、ギャンブル好き。それも大穴狙いというのも高知らしい。

 (株)ナンバーワン戦略研究所 矢野新一氏のメルマガより



 あなたは、そんなことはあり得ないと思いますか。つづく。




sakura.jpg